芥川龍之介「ピアノ」を再びいじる


最初の作業として、少しは日本語らしくする。この作業の結果は人によって大きく異なるだろう。

                                                                                                                            • -


私は、人を訪問するために横浜で住宅地域に入って、雨が落ちる秋の日に線ツタである。大部分はここの周りで破滅する。地震は、今回であって奇妙だ。それ。アカザ(アカザ)。拡大堕落しているが。継承奇妙さとしてそれをするかどうか全体にわたるスレートの屋根とレンガの壁について入る。絞首刑を少しでも。そして鍵盤が実際に蓋を開ける湾曲したピアノさえ壁で一部鎮圧されている状態でつややかに崩れるマークまで濡れている。そして唯一でないか、ピンク、そして、水色であるヨーロッパの言語、薄い黄色などのカバーが大小あって、様々であるところでかすかにまた、アカザに色を付けて濡れている。
私は、訪問した人と共に集まって、挿入ツタの仕事の話した。挿入、私のツタが夜ついに奴と人の家から外すと決めた話の後を……たやすく決着をつける。そしてまもなく再び見ようと思えば見ることができるだろう。
雨の中では、製品灯火はオンだ。そしてまた、さらに、月が時々蓋や空のツタへの光を漏らす。線ツタ。列車に乗り遅れないので足を持って来る、(それが列車は言うまでもなく私での禁止である、インチタバコを吸う) 前方の線を保存して欲しい。私はその時それがそうであったと突然聞いたツタであった。叩いてくれ。誰かのピアノのような音。そして「いいえ」。「触れる音」を叩いてくれ。ことわざ。 私が緩む、それは足が望むこと、およびおよその視点、荒涼と。ただ細長い鍵盤について月光に暗示して、中に存在するピアノとそのアカザ:ピアノ。しかしながら、それはどこでも人だ。
私の音であったツタ。しかしながら、それはそうだ。ピアノ。……違い…… 私は、不気味にいくらかなって、再び足を繰り上げようとした。確かに、その時私の後ろでかすかにピアノは再び音を出した。震動することについて何も言うべきことはない。歩く。繰り上げるのだ。積み重ねる。湿気。想像してみて欲しい。一陣の風。発信して欲しい。感じ……私はそうだ。現実主義者でも超自然の解釈は異なる。カナダのこのピアノ音と減少するために。 本当に、胎盤に見えるか、ツタを作ってくれないか。そうすれば、猫はそのように作る。そして、辺りをうろついて欲しい、潰されたそれでは壁が猫である、数に外部の減少に似ているか、または静かだ。神秘的。人々借入れのピアノと私が同じ仕事のために同じ住宅地域を通り過ぎるか、五番目に関するおよそツタであってもとにかく吠えるのだ。ピアノは局面の変な箱のそりがなくてアカザの屈むことだ。それが散って、まだピンクであることの奇妙であることで、光は青、この前の薄い黄色なのか? そして秋晴れの光の輝きは言うまでもなくレンガとスレートをまた崩れさせる。
妥協するのだ。ピアノなのだ。踏みつける。そして、また、今周囲で目について見るなら、ピアノの鍵盤が象牙のように光沢を失って、下に来る、ラッカー、そして、蓋。そしてまた、ロブスターなどのようなひとつのつる植物が脚を特に巻きつかせる。私はこのピアノを感じた、そして、少し前の何らかの失望をも感じた。
「鳴るのが可能である」
それは私のひとつの単語のように注意ツタである。そして、ピアノはすぐに、かすかにリズムにおける音を遡った。それ以外の何ものでもない。疑問を差し挟む余地はない。題名だ。願望。しかしながら、私はそうなのだ。驚いただけではない。しかし、私は、微笑が浮かぶのを感じた。今や白い鍵盤を広げるピアノ。しかしながら日の光であって、そうとしか言いようがない。ある秋の栗。回転、いつの間にか、そこでは。
戻って欲しい。ピアノのように道路のスレートの屋根に押されている間、再び後にこれが台無しにする秋が戻ってきた後に交通には、対角線には、自然に実を付ける栗がある。しかしながらと、両方、それらは、友情かツタだ。私はアカザで湾曲したピアノに目を注ぎ込んだ。鳴り続けたピアノはその昨年の地震の後にどうなったか知らない。


これを再び英語→日本語に変換する。

                                                                                                                          • -


私は、人を訪問するために横浜で住宅地域に入って、雨が降る秋の日の線ツタです。 大部分がここで環境で台無しにされます。 地震は今回、奇妙です。 それ。 アカザ(アカザ)。 拡大堕落は完了しましたが。 入る、それをする、継ぐ、全体の上のスレートの屋根とレンガの壁に関して、奇妙です。 ハチを少しでも掛けます。 そして、キーボードが実際に始める曲がったピアノの一部さえ壁で鎮圧されている状態でつややかに崩れるマークさえぬれています。 そして、そして、それがピンクであり、あるヨーロッパのA言語が青くて薄い黄色を点灯して、などが大小でカバーである、唯一、それがほのかであり、ぬれている、様々なポイントでアカザに色を付けてください。 私は挿入ツタの仕事を訪問して、話した人と共に集まりました。 ……話が、挿入と私のツタが夜仲間と人の家から最終的に取り外されると決めた後にそれは容易にそれを結論づけます。 そして、それは、まもなく再び見るかどうかわかることができそうです。
灯火は雨の中でオンです。 そして、月は再び時々さらに、ふたと空のツタへの光を漏らします。 ツタを裏打ちしてください。 足は持って来られます、そして、(煙ります、そして、列車はIで言うまでもない禁止であるインチタバコを吸います)それは列車に乗り遅れないので、前方に線を保存して欲しいです。 私は突然そうであったツタが、その時それがいつそうであったかを聞いたということでした。 打ってください。 だれかのピアノのような音。 そして、「いいえ」 「「触れる音」を打ってください。」 ことわざで言い表します。 それ、および他の局面のために私に緩んで、荒くなる足の望みをもって、冷えてください。 しかしながら、それは、アルバイトをするために細長いキーボードについて暗示して、内部に存在するピアノであり、アカザです: ピアノ。 しかしながら、それはどこでも人です。 私の音であったツタ。 しかしながら、それはそうです。 ピアノ。 ……それが異なって、私は、……不気味にいくらかなって、再び足を進めようとしました。
確かに、ピアノが再び中でかすかに音を出した、私、その時、支持します。 何も震動を意味するべきではありません。 それは歩きます。 それはそれを進めます。 それはそれを積み重ねます。 湿気。 私は、それを想像して欲しいと思います。 一陣の風。 私は、それを送って欲しいと思います。 ……私がそうであると感じます。 現実主義者さえ異なっています。超自然の解釈。 あなたは、胎盤を見ますか、ツタを育てるでしょうか?それはCanadaReallyのこのピアノ音と減少して、そうするなら、猫はそのようにそれを作ります。 そして、付近を曲がりくねらせて欲しい、当時です。破砕壁は猫であり、似るか、またはそれは数の、外部の減少で静かです。 神秘的。 とにかく、置くことを借りる人々のピアノと私が同じ仕事のために同じ住宅地域を通るか、またはそれはツタに関するものであっても5番目に関してほえます。 ピアノによるフェーズの奇妙な箱とアカザ外部腰板のそりが全くないということです。 それは散ります、そして、光は薄い青です、そして、まだ、奇妙に突いてください、そして、黄色?これとAndの前では、秋晴れの光の輝きは再び言うまでもなくレンガとスレートを潰します。 それは妥協します。 それはピアノです。 それはそれを踏みつぶします。 そして、そして、ピアノキーボードがぞうげのように光沢を失って、中で以下で、Raccarでめぼしくなる、現在の環境と見るのはふたです。 そして、ロブスターなどの1つの掛かっている植物が再び特に脚のコイルを作ります。 私がこのピアノを感じて、前をいくつか感じた、失望、少し。
「鳴るのは可能であり」向きをそらすのが私の1つの言葉のように注意ツタです。 そして、ピアノは動きました。すぐに、かすかにリズムにおける音を支持してください。 それがそう、いずれかの残りに関して、何ではありませんか? 疑問は開かれます、そして、はさみの余地が全くありません。 それはタイトルです。 願ってください。 しかしながら、私はそうです。 それは驚いていただけではありません。 しかしながら、私は、微笑が浮くのを感じました。 現在白いキーボードを広げるピアノ。 しかしながら、それは日に軽いです、そして、言っている道がそうとしかあります。 ある秋では、栗です。 いつの間にかそこに回転してください。 私は、戻って欲しいと思います。 これが再び破滅する秋が戻った後に、対角線には、それが交通におけるピアノのように道路のスレートの屋根に押されている間に自然に真実を置く栗があります。 両方のオーク、それ、それらは、して、友情かツタです。 私はアカザで曲がったピアノに目を注ぎ込みました。 鳴り続けたピアノに関して、それは昨年の地震の後になった方法を知りません。